どうも!在宅ワーカー夢見し大学生きゃふぇです!

今回は巷で話題のクラウドソーシング『ランサーズ』をやった感想を話そうと思います。

まず初めに「ランサーズ」のシステムをめちゃくちゃ簡単に説明すると、発注者の出している募集を選んで仕事するよ!ってやつです。仕事は基本的にどれも在宅で出来るものとなっています。

僕がランサーズに登録してから約1年間経ちました。そんな僕がこれまでに稼いだ額がこちらです!

 スクリーンショット 2018-11-11 18.13.59
「え、これだけ?」はい、これしか稼いでません。

登録して1年間とは言いましたが実際に作業をしていたのは登録してから2週間ぐらいですね。
特にこれといったスキルがない僕にとってはあまりに効率が悪く普通にバイトしてた方が正直何十倍も稼げるので諦めてしまいました。

ランサーズには「タスク」「コンペ」「プロジェクト」 という3つの仕事方式があるのですが
技術的なスキルが無い場合大抵タスク方式の仕事をやることになります。

このタスク方式の仕事は比較的簡単なものが多く簡単に出来るのですがそのぶん報酬もかなり低いです。僕が今までにやったものだと一番低くて10円、一番高くて約450円でした。
正直100円を超えている方が珍しく、そういった案件を探すのにも時間が取られるので時給換算すると本当に効率が悪いです。

「コンペ」はネーミングやロゴ制作の募集が多いのですが、発注者の方に選んで貰えないと一円にもなりません。制作を先にやるので実質タダ働きになり、あまりお勧めできるものではありません。 

「プロジェクト」ですが、これがランサーズで稼げるかどうかの決め手になると思います。 
この方式では募集に対して、私ならこうしますよといった内容を具体的に提案し発注者様に承認されると作業開始といった流れのものになっています。

内容は様々で記事の作成やかなり専門的な知識や技術が必要なものもあります。
僕は一度だけ自分が書ける内容の募集があったので簡単なコラムの作成をしたことがあります。
その時の作業時間が約40分で報酬は850円だったのでバイトと同じぐらい在宅で稼ぐことが出来ました。

問題は自分にできる作業案件が本当に少ないという点です。提案をしているのは自分だけでは無いので生半可な知識やネットで調べただけのものではなかなか承認されませんし、承認されたとしてもいざ作業をするとなった時に困ると思います。

逆にHPの作成やアプリ開発など技術的なスキルを身につけている方であれば在宅でアルバイト分ぐらい稼ぐのは簡単に出来るのでは無いでしょうか?

まとめ

クラウドソーシング『ランサーズ』は…

・ノースキルの大学生がアルバイトの代わりにするのは難しい
・スキルがあるなら在宅で無理なく稼げる

といった感じです!今回の記事は以上になります。ご清覧ありがとうございました!